『みんなのKAIGO』の記事が読売新聞に掲載されました


7月31日に発行された読売新聞の「介護職の外国人材」というコーナーで、『みんなのKAIGO』が紹介されました。

 

千葉県我孫子市にある介護老人保健施設「クレオ」ご協力の元、実際に現場で『みんなのKAIGO』を使っているベトナム人介護スタッフに取材を受けてもらいました。

 

取材で、ベトナム人介護スタッフの方は

「学校の実習では1人分の介護記録を作成するのに2時間かかったが、アプリでは大幅に時間が短縮された」

「文章にしたり、漢字を書いたりするのは難しい。記録を作れないと、入居者も担当できない。アプリを使って早く一人前になりたい」

と仰っていました。  詳細:介護職の外国人材…言葉の壁克服へ 施設の試み

 

今後も、現場で働くスタッフをアプリでサポートしてまいります。