人材不足に悩む介護施設必見!「OJTの充実」が人材不足を解消する助けになる

「2025年問題」はよく耳にする言葉だと思います。介護業界では2025年度に38万人もの介護スタッフが不足するといわれています。

人材不足を解消する方法は、大きく分けて2種類考えられます。

  • 人材を定着させる
  • 求人の応募件数を増やす

介護ロボットなどを導入し、職場環境の差別化を行うことにより求人の応募を増やしている施設も多々あります。

しかし、「介護スタッフは不足しているが、お金はそんなにかけられない!」と考えている施設も多いはず。

そこで今回は、お金をかけずに人材不足を解消する方法として「OJTの充実」についてお話したいと思います。

新人スタッフの定着率には「OJTの充実」が関係している

入社歴の長いスタッフは何名かいるが、新人スタッフが定着しにくいという介護施設は多いのではないでしょうか。

理由として採用時点でのミスマッチなども考えられますが、OJTが関係しているケースもあります。

OJTが終了し独り立ちしてすぐ、ある利用者様に対しての介助を先輩に教えてもらった通りにできなかった場合、新人スタッフはストレスを感じてしまい「自分にはこの仕事は向いていないのではないか…」と考えてしまうことがあります。

実際は利用者様との信頼関係や声掛けが原因であっても、向いていないと決めつけ、仕事を辞めてしまうケースは少なくありません。

ここで重要なのは、OJTの際に介助の方法だけでなく、注意点や利用者様の性格などを詳細に教えているかです。

新人スタッフにとって「OJTの充実」はその施設の働きやすさに直結しているといっても過言ではありません。

新しい職場を探すとき「OJTの充実」を選ぶ基準にしている

介護業界では、未経験の新人スタッフを受け入れることは多々あります。

想像してみてください。介護業界に限らず、新しい業界に飛び込む時には不安がたくさんあります。

その不安を解消するために、多くの人はその業界について調べます。今はインターネットの普及もあり、業界に限らず、会社や法人、その介護施設についても調べることができます。

上記でも述べましたが、新人スタッフにとって「OJTの充実」はその施設の働きやすさに直結しています。

そのため、求人の応募をする前に「OJTの充実」を確認する方も少なくありません。

OJTを充実させ、さらにそれをアピールできれば求人の応募が増えることも考えられます。

まとめ

以上のように

「OJTの充実」は人材不足を解消する大きな助けになります。

大切な事は以下の2点です。

  • OJTを充実させる
  • OJTが充実していることをアピールする

人材不足でお悩みの施設様、これを機会にOJTの見直しを行ってみてはいかがでしょうか。