音声入力

みんなのKAIGOは音声入力に対応しています。
音声入力は記録時間の短縮に絶大な効果を発揮します。特に、ヒヤリハットなどの長文入力時において、キーボード入力との違いを体感していただけると思います。
他にも、キーボード入力が苦手なシルバースタッフ、外国人スタッフが入力する際にも便利な機能です。スマートフォンの小さなキーボードを操作するより、快適に入力できます。
*音声入力を利用するには、マイク機能を持った端末でマイク入力機能を有効にする必要があります。

 

プルダウン式入力

定型的な記録は、できる限りプルダウン選択式で入力できるよう設計しました。選択肢の中から選ぶだけなので、記録を取りながらの入力が可能です。一度紙に書いて、後ほど入力する、というような手間がかかりません。
細かい記録を残したい場合、各記録項目にフリー入力欄を用意しているので、施設の都合に合わせた記録様式にも対応します。

 

多言語(表示切り替え、入力、翻訳)

どの言語で表示、入力するか、ボタンひとつで切り替えが可能です。
*2018年4月時点 対応言語 日本語 英語 ベトナム語
外国人にとって難解な介護用語、業務用語が母国語表示になることで、日々の業務効率、理解度がアップする効果が期待出来ます。
入出力に関しては、対応言語間の組み合わせであれば、自由に入力→翻訳が可能です。最終的な記録言語は、自動的に日本語に統一されます。

 

クラウドデータ保存

入力したデータはクラウド上に保管されます。最長1カ月間のデータがクラウドに保存されるので、ダウンロードを忘れた場合や、紛失したデータの復旧も1カ月前まで行うことができます。
*それ以上前のデータ復旧が必要な場合、お問い合わせください。

セキュリティ対策も万全です。サーバーは複数箇所に分散させ災害などによるデータ紛失に備えております。またハッキング対策も24時間体制で行っています。

 

即時共有

記録完了と同時に共有も完了。クラウド上で情報共有されるので、全員の端末へ即座に同じ情報が反映されます。
もうこれまでのようにステーションへ確認に戻る必要はありません。
共有にタイムラグがないことで、記録の抜け、漏れ、ダブリの改善が期待されます。

 

連絡掲示板

みんなのKAIGOには、アプリ内でのコミュニケーションツールが用意されています。これまでホワイトボード、朝礼夕礼、ノートなどで共有していた事をアプリ内の連絡掲示板で共有できます。
例えば会議日程のお知らせ、特筆事項の共有、申し送りなどで活用していただけます。

 

帳票ダウンロード

毎日の記録はエクセル形式でPCへダウンロード可能です。
エクセルデータはあらかじめフォーマットされた4種類の帳票形式でダウンロードされます。
そのままエクセルデータとしてPC内で保存することも、改ざん防止のためPDFで保存することもできます。プリントの必要があれば、そのままプリントしてファイリングするだけ。エクセルデータなので、2次加工も行えます。

 

権限設定

個人情報を保護するため、様々な情報の編集が行える「管理アカウント」と、記録を行うことに特化した「スタッフアカウント」を用意しました。
施設内の限られたスタッフのみ情報編集を行えるようにすることで、情報セキュリティは格段にアップします。
さらに、帳票のダウンロードも許可制なので、一層安全に運用可能です。

 

記録可能項目一覧

記録項目一覧
メモ 優先度
場所
排便 形状
便の色
便量
排尿 尿の種類
尿量
水分
バイタル 血圧
脈拍
体温
SPO2
食事 区分
内容
入浴 介助内容
理由
巡視 内容
事故・ヒヤリハット 発生前の様子
発生状況と対応
発生要因
対応と対策
家族連絡

 

 

ダウンロード可能項目一覧

介護記録

Excel形式

二次加工も可能

介護日誌
個別記録
事故・ヒヤリハット報告書

 

 

お問い合わせはこちら03-5215-8775営業時間 9:00-18:00(土日祝日除く)

アジア国際交流支援機構
みんなのKAIGO担当 まで

メールでのお問い合わせはこちら